プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

Oracle SQL DeveloperのJVM設定はどのファイル?

Oracle利用者の必須ツール、「Oracle SQL Developer」。これがないと困ります。
他にも同様のツールはいろいろありますが、純正の安心感と高機能さは一番です。
少々動作が重いのが欠点ですが。

このツール、Javaで動いているわけですが、JavaSDKのインストールやアンインストールなどを行っていると、起動しなくなるときがあります。
Image

エラーを直すために、SqlDeveloperが起動に使うJavaSDKを指定したいのですが、設定してもぜんぜん反映されません。

まず設定してみたのは、「sqldeveloper\sqldeveloper\bin\sqldeveloper.conf」にある、「SetJavaHome」という設定です。
ここをいくら変更しても反映されません。

いろいろ調べたところ、設定ファイルはココではないことが分かりました。

実際の場所は、
c:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\sqldeveloper\1.0.0.0.0\product.confでした。(Windows7の場合)
このファイルにSetJavaHomeがありますので、設定すると正しく反映されます。
VMOptionもこのファイルで指定可能です。

Web上の情報だとこのあたりが統一されてなくてだまされます。
同じようなファイルがたくさんあって分かりにくいですね。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です