プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,HTML5+JS-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,HTML+JSの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

Tomcatトップページではなく、別のページへ自動転送する

Tomcatを使用していると、http://xxxx:8080/などと、後ろのURLをつけずにアクセスした場合、Tomcatのトップページが表示されます。

知らない人からすると、変な猫が出ている!!これってウィルスじゃないのか?って思うらしいです。

本来のURLを入れればいいのですが、一般の人に見せるページではないので、実際のページに誘導してあげる必要があります。

デフォルトでは、TOMCATホーム\webapps\ROOT\index.jspの内容が表示されていますが、webapps\ROOT\index.htmlを作成し、以下のような内容を記載しておけば、IPアドレスのみのアクセスだったときに、Tomcatのトップページを表示させずに、本来のページに自動遷移させられます。

サイトのアドレスが変わったときによく使われていますね。

<!DOCTYPE html>
<html lang="jp">
<head>
	<title>メインページへ転送</title>
	<meta charset="utf-8">
	<meta http-equiv="refresh" content="0;url=[本来のURL]">
</head>
<body>
</body>
</html>

※ROOT内にindex.jspとindex.htmlがある場合、.htmlのほうが優先的に使われます。
なので、index.jspは消さなくてもよいです。
とはいえ、index.jspに意図的にアクセスすると表示されるので、安全を期するなら消したほうがいいかも。

この例では、アクセスと同時にページ遷移しますが、content="0の数字を増やすと、遷移するまでに指定秒数待たせることもできます。

[本来のURL]には遷移先URLを指定します。

http://www.yahoo.co.jp のようにフルパスでもいいですが、webapps配下のページに飛ばすのであれば相対パスでもOKです。 ./mainpageみたいに

別に転送しなくてもよいのであれば、このindex.htmlの中身を空にしておくとか、適当な内容にすれば良いと思います。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください