プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

Excelでふりがなを振る

Excelでは簡単に振り仮名を表示することができます。
セル上で右クリックして、「フリガナを表示」チェックを入れるだけです。
WS000004

ただし、この時フリガナが表示されるのは、Excel上で直接文字入力したものだけです。
他からコピペしてきたものにはフリガナ情報がありません。
WS000005

Excel関数にPHONETIC()というものがあり、フリガナを取得できますが、これもやはりExcel上で入力した文字のみ有効です。

コピペした文字にもフリガナをつけたい場合は、以下の方法があります。

(1) セル上で、SHIFT+ALT+↑を押す
すると、そのセルのフリガナが取得され、セットされます。
この方法は非常に簡単ですが、セル1つずつ行う必要があり、対象が多い場合は面倒です。
WS000006

(2) VBAで関数を作成する。
たとえば、以下のような関数を作成します。

Sub SetFurigana1()
    Dim r As Range
    
    Selection.Phonetics.Visible = True
    Selection.Phonetic.CharacterType = xlHiragana
  
    For Each r In Selection
        If r.Value <> "" Then
            r.Phonetic.Text = Application.GetPhonetic(r.Value)
        End If
    Next
End Sub

Sub SetFurigana2()
    Selection.SetPhonetic
    Selection.Phonetics.Visible = True
    Selection.Phonetic.CharacterType = xlHiragana
End Sub

SetFurigana1関数を実行した場合は、文字列全体にフリガナがセットされます。(漢字でもひらがなでも)
SetFurigana2関数を実行すると、必要なところのみにフリガナがセットされます。
こちらの方が普通ですかね。
全体をひらがなにして、小さな子供用に作りたい場合や音楽の曲名/アーティスト名は、SetFurigana1でセットしたフリガナを抽出すれば、ひらがなのみの文章が簡単に作れます。
WS000008

このフリガナ、結構正確で賢いです。
難しい氏名や表現でなければ、大抵正しくフリガナが振られます。

感心するほど正確ですので、一度お試しあれ。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です