プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

[Excel] VLOOKUP関数の範囲はセル指定でなくてもよい

VLOOKUPの第2引数にはデータの参照先(テーブル)を指定しますが、ここはセル範囲でなくてもよいことに気づきました。
CSVのような感じで指定すれば参照できました。

以下ののような感じです。
記載方法も画像を参考にしてください。

各行に参照データを記載するので無駄ですが、数が多くないちょっとしたコードや区分の変換ぐらいだったら、いちいち別シートに変換テーブルを定義しなくてもよいので便利だと思います。
変換用のシートを作ると、印刷するときに誤ってそのシートまで印刷してしまうんですよね。

前述のとおり、参照データが多い場合は、参照テーブルを別に定義すべきです。

使いどころありそうです。
よかったらお試しください。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です