プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


VPN接続のショートカットを作成する その2

先日VPN接続ショートカットの作成方法をお知らせしましたが、もっと簡易的に接続する方法もあります。

rasdial というコマンドを使います。
このコマンドは、ダイアルアップ接続を行うためのコマンドです。
全てのVPN接続がこのコマンドで出来るかどうかわかりませんが、一般的なVPN接続であればOKだと思います。

このコマンドは、Windows7の場合だと、「c:\windows\system32\rasdial.exe」です。
system32までのパスは通常通っていると思いますので、コマンドは、rasdialだけでも実行できます。

使い方は簡単で、

rasdial [接続先名] [ユーザー] [パスワード]

です。簡単ですね。

 

このコマンドをバッチファイルに書いて実行すれば、何の確認もなしに接続が完了します。
すでに接続中であれば、そのままコマンドは終了しますので、南海実行しても問題はありません。

ただし、このやり方では、パスワードを直に書いてしまうことになりますので、セキュリティ上問題になるかもしれませんので、会社の規約などをご確認ください。

パスワードを書かずに毎回入力するのであれば、

rasdial [接続先名] [ユーザー] *

のようにすれば、実行時にパスワードを聞かれます。
ただこれだと、結局通常のVPN接続ダイアログを表示するのとあまり変わりませんね。 。。

 

切断は、

rasdial [接続先名] /disconnect

です。

簡単なので、一度お試しください。

 

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です