プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

[Windows10] iAStorDataSvcのCPU負荷が気になる

WIndows10にしてから、CPU負荷が常に20%以上になっており、いろんな処理が遅い状態でした。
タスクマネージャーのプロセスで確認すると
iastordatasvc%e8%b2%a0%e8%8d%b7

iAStorDataSvcというプロセスが常にCPU負荷をかけていて、その実態は、Intel Rapid Storage Technologyとなっています。
しょうがないのかと思っていましたが、解決策がありました。

Intel Rapid Storage Technologyのドライバを最新にするだけです。

ダウンロードサイトから最新のドライバをダウンロードします。

リンク先は変わることがありますので、リンクが切れていたら、「インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー」などのキーワードで検索すると見つかると思います。

スクロールして下のほうにある、「SetupRST.zip」です。
%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f
解凍してSetupRST.exeをインストールし、パソコンを再起動します。
再起動後のタスクマネージャでは、iAStorDataSvcはCPU負荷0になりました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f
代わりに他のプロセスの負荷が気になるようになりましたが。。。
全体としてはCPU負荷がだいぶ下がりました。

気になる方は一度お試しください。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です