プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

[Access2010] ナビゲーションウィンドウを隠す

Accessを起動した際には、通常ナビゲーションウィンドウが表示されます。

作成中はないと困るものですが、完成したものを他の人に使って貰う場合には、
余計な操作をされないためにも隠しておきたいところです。

初期表示で表示させないようにするには、
ファイルオプションカレントデータベースナビゲーションウィンドウを表示するチェックをオフにすれば、表示されなくなります。

ただし、VBAでエクセルのインポート処理などを呼び出したりすると、
ふとナビゲーションウィンドウが表示されてしまうタイミングに遭遇します。

VBAを使ってナビゲーションウィンドウを非表示にしたい場合は、以下の様なコマンドを実行します。

Sub HideNavigationPane()
    DoCmd.NavigateTo "acNavigationCategoryObjectType", ""
    DoCmd.RunCommand acCmdWindowHide
End Sub

この場合は、ナビゲーションウィンドウそのものが完全に非表示になり、再度表示させるためには、
プログラムから表示させるか、ショートカットキーを使う必要があります。

プログラムから表示させる場合は、以下の様なコマンドです。

Sub ShowNavigationPane()
    DoCmd.NavigateTo "acNavigationCategoryObjectType", ""
    DoCmd.RunCommand acCmdWindowShow
End Sub

隠している場合にわざわざ表示させる場面はあまりないと思いますが…

普段はナビゲーションウィンドウは不要だけど、たまに使いたい時があるような場合は、
完全に消すのではなく、最小化状態にしておいたほうが使い勝手は良いです。

Sub MinimuizeNavigationPane()
    DoCmd.NavigateTo "acNavigationCategoryObjectType", ""
    DoCmd.RunCommand acCmdDocMinimize
End Sub

最小化しておけば、クリックするだけで再度ナビゲーションウィンドウを表示させることができます。

完全なアプリケーションとして提供する場合は、ナビゲーションウィンドウは完全に隠したほうが良いのですが、
ちょっとした開発補助ツール的に使うような場合は、必要に応じてウィンドウが使える状態にしておいたほうが勝手がいいです。
ショートカットキーF11で表示されることを覚えておけば良いのですけどね。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です