プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


ODBCデータソースを手動削除する

ODBC設定しているデータベースのODBCドライバを先に消してしまった場合、
何らかの不具合で設定だけが残ってしまっている場合など、
ODBCデータソースアドミニストレーターからでは、データソースを削除できなくなる時があります。

そんな時は、レジストリ設定を直接削除すれば、設定を削除することができます。

ユーザーDSNか、システムDSNかによって、レジストリが異なります。
一応両方確認しておいたほうが良いでしょう。

▼ユーザーDSNで設定している場合
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\ODBC\ODBC.INI\[ODBCデータソース名]
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\ODBC\ODBC.INI\ODBC Data Sources\[ODBCデータソース名]

▼システムDSNで設定している場合
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ODBC\ODBC.INI\[ODBCデータソース名]
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ODBC\ODBC.INI\ODBC Data Sources\[ODBCデータソース名]

上記レジストリ設定を削除後、
ODBCデータソースアドミニストレーターで再度確認してみてください。

レジストリの修正は十分注意してください。
最悪の場合、OSが起動しなくなります。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です