プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


[Oracle] InstantClientによるODBC接続手順

OracleへのODBC接続は、通常Oracle Clientが必要です。
でも、ライセンスが必要なので、
Oracleのインストールメディアとライセンスを持っていない●次受けの開発会社は困ることがあります。

Instant Clientなら無料なので、できれば何でもこちらで済ませたいところです。

そこで、InstantClientを使う場合のODBC接続手順です。

(0) InstantClientのODBC込バージョンをOracleのサイトからダウンロードする。

(1) 解凍したInstantClient_11_2のディレクトリを適当な場所に置く。

たとえばc:\Tools\InstantClient_11_2

(2) 環境変数を設定する。
ORA_HOME=c;\Tools\InstantClient_11_2
NLS_LANG=JAPANESE_JAPAN.JA16SJIS
Path=[もともと設定してあるパス];c;\Tools\InstantClient_11_2\bin

(3) InstantClientフォルダ内のodbc_install.exeを実行する。

(4)管理ツール→データソース(ODBC)を開き、ユーザーDSNで追加を行う。
「Oracle in instantclient_11_2」を選択し、接続情報を入力。接続が成功すれば、ODBC接続設定完了

簡単ですね。分かっていれば数分で完了します。
お試しを。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です