プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


正確なTIMESTAMP値を取得したい場合は、SYSDATETIME()を使う

SQLServerで日時を取得したい場合は、通常GETDATE()関数を使えば事足ります。
ですが、データ更新の正確なTIMESTAMP値を取得する場合は、SYSDATETIME()関数のほうがより厳密な値が取得できます。

実際にSQLで実行してみると分かります。

select SYSDATETIME () as SYSDATETIME使用時, GETDATE() as GETDATE使用時
SYSDATETIME使用時 GETDATE使用時
2013-10-29 11:22:45.7078392 2013-10-29 11:22:45.707

SYSDATETIME()を使うと、ミリ秒以下が6桁で取得できます。

GETDATE()でもほとんど問題ないですが、
アクセス数が非常に多いシステムの場合には、念のためSYSDATETIME()を使っておいたほうがよさそうです。

なお、このSYSDATETIME()関数ですが、SQLServer 2008以降でないと使えませんので注意して下さい。
GETDATE()はSQLServer 2005でも使用できます。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です