プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

[Access2010] ナビゲーションウィンドウの表示制御

Access2010を普通に開くとウィンドウの左側には、ナビゲーションウィンドウと言われる、テーブルやクエリ、モジュールなどをリスト表示する場所が表示されています。

通常はあったほうが便利なのですが、アプリケーションとしてエンドユーザーに利用して貰う場合には、テーブルを見せるのは危険です。

ウィンドウ右上の<<をクリックすれば小さくはなるのですが、押せば開いてしまいます。

完全に非表示にしたい場合には、コードを書けばOKです。

DoCmd.SelectObject acForm, "", True
DoCmd.RunCommand acCmdWindowHide

フォームを開く前にこのコードを書いておけば完全に見えなくなります。

ただし、これを書いてしまうと、いざテーブルの中身が見たいなと思った時に焦ることになります。
ナビゲーションウィンドウが開けません。

この場合は、F11キーを押せば表示・非表示を切り替えることができます。
すぐにこの操作を忘れてしまうんです。
リボンメニューにはこの切替は見当たりませんので、ショートカットキーF11を覚えておきましょう。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です