プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


[Excel][VBA] シェイプのタブサイズを設定する

設計書の作成などで、ソースコードをExcelに貼り付けたい場合があります。

WS000007

セルに貼り付けてしまうと、移動が大変なので、テキストボックスを貼り付けてその中にソースを張り付けています。

この時、ソースコードにタブが入っていると、Excel上では、タブ幅が大きく表示されます。

WS000008

 

これは、Excelでのデフォルトタブサイズが、25.4mm(1インチ)にセットされているためです。

これでも問題なければいいのですが、入れ子が多いソースだと、横に広げなくてはいけなくなり、見た目も良くないです。

変更するには、タブ幅を変更すればOKです。

1.テキストボックス内の文字列を選択して右クリックします。メニューから「段落」を選択します。

WS000009

2. 段落設定のダイアログが表示されますので、左下にある「タブとリーダー」ボタンを押します。

WS000010

 

3. 右上の既定値にある、数字(25.4mm)を変更します。5mmくらいがちょうどいいんじゃないでしょうか

4. OKを押して、タブダイアログを閉じ、段落ダイアログでOKを押して閉じれば、変更が反映されます。

WS000011

 

綺麗に表示されました。

簡単なんですけど手順が多いので面倒です。

VBAで設定することも可能です。
ですが、上記操作をマクロの記録で行なっても、タブの設定部分は記録してくれません。

そのため自分で書く必要があります。
調べた所以下の様な記述でOKでした。

Selection.ShapeRange.TextFrame2.TextRange.ParagraphFormat.TabStops.DefaultSpacing = 5 * 72 / 25.4

この例では、5mmにセットしています。指定する単位はポイントのようなので、mm単位に変換しています。

タブサイズを頻繁に変える必要がある場合は、マクロにしておけば簡単に設定出来ますのでオススメです。

 

 

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です