プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

[VBScript] 配列の数指定を変数の値にしたいとき

VBScriptでは配列を使用できます。
通常の使い方としては、

Dim X(10)
X(1) = 12

のような感じです。

上記の例では、配列の数に10という数字を直接指定しましたが、この値を変数の値にしたいとします。
そのまま書けば、

Dim cnt 
cnt = 10
Dim X(cnt)
X(1) = 12

となりますが、これを実行すると、「整数型の定数がありません。」というエラーになってしまいます。
VB.NETではこの書き方はOKですが、VBScriptではどうもダメなようです。

正解は、

Dim cnt 
cnt = 10
Dim X()
Redim X(cnt)
X(1) = 12

です。可変配列で定義しておいて、そのあとで配列数を指定します。

何だか無意味な書き方のように見えますが、こうするしかないようです。

できないと思い込んでしまう人もいるかもしれません。

覚えておきましょう。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です