プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


スティーブ・ジョブズ I

発売日に買いましたが、なかなか読めずにいました。
やっと読みきったので、ちょっと感想を。

この上巻には、スティーブ・ジョブスの生い立ちから、アップルを創業し、追放され、ピクサーを設立されるぐらいまでが書かれています。

なんとも赤裸々に書かれており、スティーブがとてつもない異端児だったことが分かります。

(多分)ノンフィクションなお話なので、よくある小説を読むようにはなかなか読み進められませんが、ほんとにこんな事やってたの?的な出来事が次から次へと出てくるので、この人間性に興味を持てれば読みきれるんじゃないでしょうか。
結構なボリュームです。

本の値段が高いのがネックですね。上下巻で約4000円です。

でも、スティーブ・ジョブスという人物がどのように上り詰めていったのか、興味がある人は是非1度読んでみてください。

すごい成功をおさめる人は、それに比例するぐらいの失敗も経験し、他から何と言われようとも自分のポリシーを貫く人なんだなとつくづく思いました。
TV見てても成功者は大抵そうですね。

自分も金持ちにはなりたいですが、同じ生き方は絶対耐えられないと思いました。

 

 

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です