プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


[MSAccess] インポート/エクスポート定義を確認するには

Accessではテーブルに格納されているデータをエクスポートしたり、
CSVや固定長形式のテキストデータをインポートするときに予め定義しておいた形式で簡単に処理することができます。

その定義内容はインポート/エクスポート次のウィザード中の設定ボタンから確認することができます。

Image

定義ボタンを押せば、現在登録されている定義の一覧が表示され、いつでも読み込み可能です。

Image

この定義情報は、Access内のシステムテーブル内に持っていますので、ウィザードから確認しなくても簡単に見ることができます。

定義の一覧は、MSysIMEXSpecsテーブルに書かれています。
各定義のカラムはMSysIMEXColumnsテーブルに書かれています。

一覧を取得するには、例えば次のようなSQLを実行すればOKです。
表示する内容を絞ってますので、必要に応じて変更してください。

SELECT
    MSysIMEXColumns.SpecID ,
    SpecName ,
    FieldSeparator ,
    FieldName ,
    DataType ,
   IndexType,
    Start,
    Width ,
    SkipColumn
FROM
    MSysIMEXColumns 
    INNER JOIN MSysIMEXSpecs ON MSysIMEXColumns.SpecID = MSysIMEXSpecs.SpecID
ORDER BY
    MSysIMEXColumns.SpecID ,
    Start;

Image

 

このデータを直接直すのは無理なようです。あくまでも参照用ということで。

 

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です