プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

[Excel] セルに乱数をセットする簡単な方法

EXCEL乱数を取得する関数はRAND()になります。
これは一般的なプログラム言語に実装されている0〜1の間の数を乱数で求めます。
この関数を実際に使う場合には、他の関数と組み合わせて、INT(RAND()*10+1のように書くのが一般的だと思います。(この例の場合は、1〜10の整数値を求めます)

もっと簡単に扱うには、RANDBETWEEN()関数が便利です。

RANDBETWEEN(0, 100)と書けば、0〜100のランダムな整数値を求めます。
もし小数点付きで取得したい場合は、RANDBETWEEN(0,100)/10のように指定します。
この例の場合では、0〜10までの小数点以下1桁の数値を求めます。
RAND関数を使う場合は、ちょっとした計算式が必要になり、分かりにくいですが、このRANDBETWEENなら最小値と最大値を指定するだけなのでとても分かりやすく扱いやすいです。

テストデータを作成したい時など、適当な値を考えるのが面倒であれば、この関数を使ってみてはいかがでしょうか。

※セルにこの関数を指定した場合、シートの再計算がされる場合に新しい乱数が生成されます。前の値が何なのかわからなくなりますので、注意が必要です。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です