プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

[Illustrator] 線がピクセル単位にしか移動できないとき

イラストレータを使って小さな絵を描いている時、線が思うように合わなかったり、先の太さを1pt以下にしようとしてもすぐに1ptに戻ってしまう時があります。

かなりイライラします。

ファイルを新規作成時にドキュメントプロファイルを”Web”に指定したりするとなるんですが、原因は、「ピクセルグリッドに整合」という便利機能のおかげ?です。

画像の最小単位はピクセルなので、それいかに指定してもしょうがないでしょという機能なんでしょうが、小さな画像を描いている時にはこの機能がとても煩わしく感じます。

一度、この設定で描いたものはそれぞれのオブジェクトで「ピクセルグリッドに整合」設定がされてしまうため、ファイルを新規作成して、そこに貼り付けてもこの設定は有効なままです。

変更するには、対象のオブジェクトを選択しておいて、変形ボックスにある「ピクセルグリッドに整合」チェックを外せばOKです。外した後なら先の太さを0.5ptなどに変更可能です。

ぴったりあわせているはずなのに、何だかズレるという場合にはこの設定を見なおしてみるといいかもしれません。

 

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

2 thoughts on “[Illustrator] 線がピクセル単位にしか移動できないとき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です