プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

自作アプリが雑誌「iP!」に掲載されました

5月にベクターにアップした自作のソフト「ScreenRuler」が、iP!(アイピー) 2013年8月号に掲載されました。(2013年6月29日発売)

iP-201308

自分が作ったソフトが書籍に掲載されるのは実は2回目なんですが、やはり紹介してもらえるとうれしいです。
この雑誌、本屋でよく見かけるし自分も結構読んでます。グレイな記事が多いんですが、そこが面白い。

 

掲載されたのは、大したソフトじゃないんですけどね。

screenruler-kiji白黒ページの小さな枠なので、よーく探さないと見つかりません。。。見つけるのに10分くらいかかりました。

117ページです。しっかり紹介いただいています。

ただ。。。。この紹介文の半分以上は間違っています。多分類似の他のアプリと勘違いしているんじゃないでしょうか。
最初見たとき「あれ?こんな機能作ったっけな?」と考えてしまいました。

・定規の目盛はピクセルしかないです。メモリの選択なんてできません。
・定規の色とフォントは変更できません。透過はできます。
・おそらく現物のサイズを図ることはできないと思います。(ピクセル単位しかないので)

最初の句読点までしか合ってません・・・

このアプリは、画面上のコントロールや画像などのサイズをピクセルで測るためのものです。

実際に測りたい場所までこの定規を持って行って、目視でサイズを確認します。
ガイドラインを表示できるので、測りやすくなっています。

screenruler説明

気軽に簡単に測ることを目的としており、高機能ではないです。
使いやすさ重視しています。

記事の内容は若干嘘ですが、使えるものにはなってると思いますので、一度お試しください。
インストールなどは不要です。いらなくなったらすぐに消せます。

iP!の今号の記事もなかなかマニアックなものが多いです。ぜひ読んでみてください。

また、これからも書籍に掲載、紹介されるようなソフトを作っていきたいと思います。

Vectorからダウンロードする場合は、こちらからどうぞ
 
Vectorに公開しているアプリの一覧は、こちらから!

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です