プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


Azureの意味は?

今までの人生で見たことのない単語、「Azure」
Microsoftが提供しているクラウドOSの名称がWindows Azureとなっていることから、IT業界でたまに目にするようになりました。

このAzureという単語、どういう意味なんでしょう。
調べて見たところ、「青空の」とか「空色」と言った意味のようです。

こんな感じ?

曇りのない真っ青な空をイメージします。

でも、WebカラーとしてのAzureはもっと薄い色です。

 

読み方は、アズール、アジュール、アジールで良いようですが、日本人のカタカナ表記的にはアズールが1番見やすいかなと。

でも、この単語から青色というイメージは全然持てないですね。

Windows8のマイナーバージョンアップ版とされていたものの名前は、Windows blue でしたが、こちらのほうが日本人には分かりやすいですね。
※正式名はWindows8.1という名前になるようです。

クラウドOSなのに青空という名前を付けたのにはどんな意図があるんでしょう。

単純にWindows cloud のような名前としないところに、Microsoftの深い思いを感じます。

でもやっぱり日本人には馴染めない名称ですよね??

 

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です