プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


Breakキーがない場合の代用

一般の人には何に使うか全くわからない[Break]キーですが、
プログラマー、特にVBAを使用している人にとってはとっても大事なキーです。

ですが、ノートパソコンだとこのBreakキーはない場合が多いです。
一般人は使うことがないので省略されても当然といえば当然ですが、
物理的に存在していないとどうにも回避ができません。

XPぐらいまでのソフトウェアキーボードにはBreakキーがあったようですが、
Windows7以降、ソフトウェアキーボードからも消え去ってしまいました。

あきらめるしかないとおもいきや、押す方法はあるみたいです。
それは、[CTRL] + [ScrLk]です。

VBAで必要なのは[CTRL]+[Break]ですが、このショートカットでは、どのみち[CTRL]を押す必要があるので、
この場合でも同時に押すのは2つのみです。

全てのパソコンで使えるかどうかは分かりません。

ThinkPadだと[Fn]+[P]とかに割り当てられている場合もあるみたいです。

ダメ元で一度試してみましょう。
もし、[ScrLk]キーもなかったら・・・ あきらめるしか・・・

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です