プロプログラマ

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,HTML+JSの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

Google chrome CPU使用率高すぎ問題

Google Chromeはとても高性能なブラウザですが、結構パソコンに負荷をかけてくれます。

PC起動後すぐの状態です。Chrome自体は使用していないのに、CPU負荷50%over!

環境によって違うと思いますが、私のPCだと常に30%以上使用している感じです。

基本的にはChromeの動作に必要な動きだと思うので、どうしようもない部分だと思いますが、Google Chromeをタスクマネージャーで見たときに、「Software Reporter Tool」というのが動いているときがあり、これが特に重く感じます。

PC起動直後に動いていることが多いです。しばらくすると消えます。
また何かの拍子に動き出します。

このプログラムは、Googleへのレポート送信プログラムなので、絶対に動いてくれないと困るものではありません。

実行をとりあえず止めるにはChromeの設定変更だけです。

設定のかなり下の方にあります。

「このクリーンアップ中にパソコン上で見つかった有害なソフトウェア、システム設定、プロセスについて詳細なレポートをGoogleに送信する」チェックをOFFにします。

ただしこの設定は、Chromeを再起動するともとに戻ってしまいます。

ずっと無効化するには

少々無理やりな方法が必要です。悪影響がないとは言い切れませんが、送信できなくなるだけでブラウザとしての動作には問題ないと思います。

  1. エクスプローラで「C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\SwReporter\[chromeバージョン]」を開く。
この中のAppDataフォルダは通常見えていないので、パスを直接入力する必要があります。

2.software_reporter_tool.exeを右クリックしてプロパティを開きます。

3.「継承の無効化」というボタンを押して、無効化します。

4.確認ダイアログで下の「このオブジェクトから継承されたアクセス許可を全て削除します。」を押します。

表示がこのように変わります。

5.OKボタンを押すと最後に確認ダイアログが表示されますので、「はい」を選択します。

以上で完全に無効化されます。(送信できなくなる)

Chromeのアップデート時には設定が戻ると思いますので再設定必要です。

最近はいろんなアプリが情報をアップロードしていますが、何の情報を吸い上げているのか気になるところです。
個人情報ではないと思いますが、せめて選択できるようにはしてほしいですね。

※ Chromeが負荷をかけている原因は他にもあります。
拡張機能や開いているタブの数、表示しているページ内容など。。。
Chromeはブラウザ自体を閉じても常駐していますので、完全にメモリを開放しません。
定期的にPCごと再起動したほうがスッキリはします。
特にタブの開き過ぎは明らかにメモリを専有しますのでこまめに閉じることをおすすめします。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください