プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


GoogleChromeに64ビット版が登場

かなり頻繁にバージョンアップを続けるChromeですが、このたびのバージョンアップにあわせて、64ビット版もリリースされたようです。
WS000000

以前よりベータ版としてリリースは続けてきたようですが、このたび初の安定版ということになります。

64bit版では、表示の高速化がされているようですが、なかなかそれを体感することは難しいです。

そのほかにもこのバージョンでは、フォントの表示が滑らかになっているようですが、こちらもなかなか区別つきにくい。。

今現在、日本語ページには、64ビット版インストールの選択がないようなので、Chrome英語版サイトで「Windows 64-bit」をクリックして選択する必要があります。
勝手に64ビット版にアップデートされないのでご注意ください。

実際、64ビット版で動いているかどうかは、上図のバージョン情報か、タスクマネージャのプロセス表示で確認できます。

WS000001

64ビット版だと、chrome.exeの横についていた”*32″の表記がなくなります。

なんとなく64ビットのほうがよいような気がするので、対応OS使われている方はお試してください。

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です