プロプログラマ

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,HTML+JSの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

GoogleChrome94とウイルスバスターの組み合わせで、Chromeが起動しない不具合 (解決方法)


Chromeのバージョンアップのたびにこの問題が発生していますが

、今回のバージョン94においても、バージョンアップ後、Chromeが起動しなくなるという問題が発生しているようです。

2021/09/24頃から、バージョン94が徐々に配布されてきており、バージョンが上がった途端に不具合発生します。

現状、Chromeやトレンドマイクロからは何も発表ないようです。

Twitterでの同書き込みに対してChromeのサポート?からは再インストールや再起動など何も解決しない誰でも思いつくような回答しか得られていません。

今回もウイルスバスターがこの新しいChromeをウィルスと判断してプロセスを強制遮断しているようです。

いずれ対応されると思いますが、暫定対応としては、Chrome.exeを除外することで起動はできるようです。

ウイルスバスターの挙動管理→例外設定

下記パスを追加

C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe

毎回ウイルスバスターが悪さをしてますが、これはプログラムの変化をちゃんと認識しているということなので、悪いとも言えません。

ただ、この問題は以前も発生しているので、Chromeもリリース前にウイルスバスター環境で問題がないかはテストしてほしいところです。

ウイルスバスターが悪いわけではないのですが、うちの周りではそれが原因でウイルスバスターを使うことをやめている人が多いです。トレンドマイクロもなにか対策して法が良いのではないでしょうか。


 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください