プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


iPhone5を売却 (ジャンクバイヤーで)

このまえ、auにMNPしたと書きましたが、その時にいらなくなったiPhone5をどうしたかという話です。

できれば手元に置いておきたいのですが、まだ残責も残っているしMNPにかかる費用もそれなりだったので、手放すことにしました。

auショップで購入する場合は、auの下取りサービスが利用できます。
auの場合、ソフトバンクやドコモと違って一括で買い取り金額分のポイントがもらえます。
そのまま機種代金にも利用できるようですが、あいにく今回買ったのはイオンのイオンニューコムです。
こちらでは独自の下取りサービスをやってました。
iPhone5 32GBの場合、WAONポイントで20000ポイントもらえるようです。

当時、20000ポイントというのは微妙な額で、auの下取りの場合は、26000ポイントでした。
面倒なのでイオンで下取りすればいいかと思いましたが、もしかしたらもっと高く買い取ってもらえるかもしれないと思い、後で連絡するということでその場は下取りしませんでした。

ネットで買取してくれる店をいろいろ探しました。
何店舗かは簡易見積もりをお願いしましたが、20000円程度でした。
最高値はもっとずっと高い金額が書いてありますが、よくよく見ると新品の場合の金額です。 普通の人は新品なわけありません。

1年間欠かさず使ってきたiPhoneですので、それなりの使用感ではあります。
傷や汚れなどで減額されて20000円を切る可能性も十分ありました。

やっぱりイオンかなと思っていたところ、
iPhone買取専門ジャンクバイヤーという店を見つけました。

 

こちらは、価格保証がされており、基本的に減額されることはないそうです。
メールでこちらの状態を伝えたところ、22000円という提示が!

特別高くはなかったのですが、減額される可能性がすごく低く、郵送キットを送ってもらえて、そのキットにiPhoneを入れて送料無料で送ればよいという気軽さがとても魅力的でした。

また、店で買取の場合、箱や付属品一式がそろってないと減額される場合が多いですが、こちらは、本体のみでも提示価格でよいそうです。
そのため、充電アダプタやケーブル、イヤフォンが手元に残せます!!

正直、郵送で買取申し込みするのはとても不安でした。
周りからも大丈夫かといわれました。

たしかにiPhoneを送ってそれっきり音沙汰なくなったらどうしようとか、実際の買い取り金額にいろいろ難癖つけられて安くなったら。。。などなど。

ですが、メールでのやり取りがとても迅速丁寧だったし、実店舗もあるようなのでチャレンジしました。

申し込み後2日程度で買取キットが届きました。
こちらは普通の郵便なので結構かかりました。

すぐにiPhoneを入れて買取申込書、本人証明書コピーとともに、郵便ポストへ入れました。
こちらはポスパケットという郵便局のサービスで、普通郵便よりは早く届くようです。

実際、次の日には到着してみたいで、すぐに到着の連絡がありました。
そして翌日(当日中?)には現金書留が発送されました。

支払いは本人限定の現金書留です。
今回のやり取りの中でこの現金書留受け取りに一番時間がかかりました。

本人しか受け取れないので、時間の都合がなかなか合いません。
結局受け取るまでに5日かかりました。
決まりのようですのでどうしようもないですね。

このお店はとにかく迅速です。
おかげで取引中に不安を感じることはなかったです。
ネット取引でも全然問題ありませんでした。

携帯ショップだとポイントや商品券での受け取りになるので、現金でもらえるのはうれしいです。

買取してくれる店は無数にありますが、このジャンクバイヤーというお店は間違いないです。
状態が良ければもしかしたらもっと高く買い取ってくれる店もあるかと思いますが、安心という点では最高の店でした。

ちなみにこのお店、名前の通り、壊れてたり、大きな傷があっても買取してくれるみたいです。他で断られたものでも行けるかもしれませんね。

※2回目の取引からは現金書留ではなく銀行振り込み対応になるようです。

 

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です