プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます


[Office2010] 64ビット版インストールのメリットとデメリット

現在のOffice2010には64ビット版も存在し、インストールすることができます。

せっかく64ビットOSなのだからと64ビット版をインストールしたくなるところですが、この64ビット版のインストールを行うと、いいことばかりではないようです。

○64ビット版のメリット
2GB以上のファイルを編集する場合に、パフォーマンスの向上が見込める。

×64ビット版のデメリット
32ビット版で動いていたものが動かなくなる場合がある。
プラグインも64ビット仕様で作られている必要がある。
Accessは、32ビット版で作られたものが64ビット版でそのまま動かない場合がある。
VBAの動作に不具合が出る場合がある。

基本的にデメリットのほうが多いです。

1ファイル2GBを超えるようなファイルを扱う方はかなり限られると思います。
そんなファイルを見たことが無いですが、きっと開いたり保存したりするのに相当な時間がかかるんじゃないでしょうか。

というわけで、64ビットOSには64ビットアプリしかインストールしたくない!!というポリシーの方以外は、32ビット版を入れておいたほうが懸命のようです。

OfficeプリインストールのPCでもほとんどが32ビット版のようです。

しかし、32ビットと64ビットの混在は早いところなくなってほしいですね。プログラマーとしては。
結局OSが2種類あるようなものですから。

このOSの違いによる動作トラブルの連絡が結構多いです。。。

Windows9あたりで是非とも。

 

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です