プロプログラマ -Flex,Air,C#,Oracle,PHP-

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,PHPの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

[Flex] 一度指定したDateFieldの日付を消す裏ワザ

知ってる人は意外に少ないんじゃないんでしょうか。

DateField部品で、カレンダーで指定した日付をクリアする方法です。
コードで書けば当然クリアはできますが、実はマウス操作だけでも消すことができます

(0) 最初に適当な日付を選択します。

 

 

(1) カレンダーを開きます。

(2) 現在選択されている日付を[CTRL]を押しながらクリックします。
この例では、3/11をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、日付が空になります。

 

 

この機能を知らない人にやってみせると、みんな驚きます。
「え?今どうやったの?」 

まるで隠しコマンドのような、分かりにくい操作なので 知らなければやらないと思いますが、
もしかしたら誤って、たまたまその隠しコマンドを実行してしまうかもしれません。

その日付が常に入力されていることを前提にする場合は、
念のために入力チェックをしておくといいと思います。
思わぬ所で、バグとなるかもしれません。 

日付のクリア機能が必要な場合は、
この隠しコマンドではなく、クリアボタンを別途設けたほうがユーザーには分かりやすいですね。

 

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です