プロプログラマ

プログラマーを職業としてます。 Flex,Air,C#,Oracle,HTML+JSの言語ノウハウを中心に情報発信していきます

Excelのセルサイズを1mmにすることは可能か

いわゆるエクセル方眼紙を作りたいと思った場合、最低1mmの指定ができると帳票ツールとしても正確な印刷ができそうです。

 
 

Javaなどのプログラムから使用できる帳票ライブラリのたぐいは値段がかなり高く、さらにサーバやクライアント数に応じたライセンス購入が必要になり、アプリケーションの見積もり価格が増大します。

大規模システムならまだしも、小規模な予算の少ないシステムでは、なんとかExcelでまかなえないかと思慮します。

 
 

 
 

通常の印刷ではExcelでも十分対応可能ですが、伝票など、定型用紙に位置合わせしようとすると、0.1mm単位での調整が必要です。

 
 

エクセルの列幅、行高さはポイント(ピクセル)指定となっており、通常mm/cm指定はできません。

オプションからルーラー単位をmmに変更することでページレイアウト表示の場合は、mm指定ができます。

ただし、ベースはあくまでもポイント指定であり、それをmmに変換するため、誤差が発生します。

 
 

環境によっても異なるかもしれませんが、私の環境だと1mmと入力した場合、実際には0.79mmになり、どうやっても1mmにはなりません。

0.79mmより少し大きくすると、1.06mmになります。

結構な誤差が発生するため、正確な帳票ツールとしてレイアウト指定するのは難しいです。

 
 

Excelで1mmちょうどの指定することは不可能というのが結論になります。

 
 

 
 

前に見たシステムでExcelを帳票ツールとしてレイアウトしてラベル印刷に使用していましたが、おそらく正確には指定できないので、それなりに位置合わせしていると思います。

 
 

ちなみに、セルでは正確に指定できませんが、図形描画では正確にmm指定が可能です。

そのため、帳票ツールとして使用する場合は、図形を並べたほうが正確にレイアウトできるかもしれません。

そもそも用途が少し違うので、0.1mm単位での微調整が必要な帳票では、Excelはやはり向かず、有料の高い帳票ツールが必要になります。

 
 

Microsoft Accessの帳票は微調整可能なので、そちらに頼るのもありかもしれません。

 
 

 

== ランキングに参加しています。ぜひクリックお願いします ==

プログラム ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください